経営者に取得を推奨する国内MBA情報

今の日本企業の環境は大きく変化してきており、コレまでそこまで注目されてなかったMBAホルダーを求めてる傾向にあって、企業の幹部候補としてMBAの取得は有利に働きます。また平均年齢が25.4歳と他のビジネススクールと比較して青春傾向にあります。

 

その傾向が日本にも徐々に渡ってきてます。日本を代表する科学の街「つくば市」に位置した筑波大学大学院の社会システム・マネージメント専攻の経営政策科学専攻で修了する事で、ビジネス修士が与えられMBAを取得する事が出来ます。

 

年頃年齢の頃に異なる業界に進むことになる人と関係を持つことによって、将来的に大切な存在になること間違いありません。さらに筑波大学大学院のOB組織もありますので、すでに社会に出て活躍をしている人達との交流も大切な財産になることでしょう。

 

企業によっては、派遣としてビジネススクールに通わせる事ケースもありますが、中には企業を辞めてMBA取得を目指す人も多くいます。筑波大学大学院ではそんないろいろな目的を持つ人達が集まり、世界でも通用人材を育ててます。

 

外国のビジネススクールも英語力を身に付けることが出来、また国際コミュニケーションを取る事ができるのでメリットはたくさんありますが、今では国内でMBAホルダーを目指す人がうんとです。アメリカほどMBAホルダーが重視をされてるワケではありませんが、現在における急速に変化をするビジネスの世界では、経営環境も変わってくることから、総合的な経営能力を持つビジネスリーダーを必要としています。

 

アメリカではMBAの取得は幹部候補になる近道でもあって、キャリアアップはもちろん、目的として給与アップを多くの人がMBAを取りてます。今後、日本でも更にMBAホルダーが重要視されてくる事は殆んど間違い無く、キャリアアップには欠かすことのできない資格と言ってもいい過ぎではありません。

 

社会人特別選抜には社会的な実務の経験が2年以上必要で、それ以外にも小論文、数学の試験、口述試験などが実施されます。