経営者に取得を推奨する国内MBA情報

しかしグローバル社会となった現在、世界での通用英語能力は必須といえます。そこで一橋大学大学院で行われる授業は全て英語が標準となりますので、海外のビジネススクールのように学ぶ事ができます。

 

日本のビジネススクールの大多数は日本語で授業が行われ、英語が若干の苦手な方でも安心をしてMBA取得を目指す事ができます。一橋大学大学院は国立大学法人の元運営をしており、グローバル社会に飛び込み即戦力として活躍をする事のできるコースが用意されてます。

 

そのため英語のレベル向上を求める日本人だけではなく、外国からの留学生も多く在籍しています。そのためリアルな現在の状況を前提とした場合の経営情勢を聞くことができ、効率的に経営能力を身に付けることができます。

 

2年制のコースをえらぶことで、沢山のインターンシップが企業で実施されます。一橋大学大学院に入学をするためには、実務経験が3年以上必要です。

 

気になるのが一橋大学大学院に在籍をしている教員の実務経験ですけど、通常の大学院教員とは異なり、ビジネスリーダーとして活躍をしていた人が多く、全教員の50%以上がMBAホルダーとなっています。またもし留学を希望する場合には、一橋大学大学院の海外パートナースクールにて国際留学をすることが出来る制度もあり、ワンランク上の経営能力を身に付け、世界的に通用するMBAホルダーを目指すことも出来ます。

 

インターンシップでは国内はもちろん世界展開をしてる大手企業がサポートしてくれますので、大半の人脈を作ることができます。一橋大学大学院の授業は実践的な中心としてカリキュラムを行われ、経営戦略全般を学び企業の第一線で活躍をするMBAホルダーを目指していきます。

 

全体的な生徒の6割以上が既に5年以上の実務経験があり、他業界の人達とのコミュニケーションもとることが出来ますので重宝すること間違いありません。一橋大学大学院の大きな特徴として、国際的に認められてるMBAホルダーになることが出来ることです。